マインド

カフェラテを飲みながら感じた、理想のご縁を結ぶための第一歩。

こんにちは、縁結びナビゲーターの蒼井礼子です。結婚や志事(しごと)のご縁を結んで、幸せ溢れる暮らしをつくるお手伝いをしています。

先日は地元のお気に入りのカフェで、ノマドワークをしてきました。土日は小さい子ども連れやカップルが多いのですが、平日午前中はほとんどお客さんがいないので、静かにゆったりとした時間を過ごすことができます。

そのカフェはコーヒー豆の焙煎の全国大会で入賞したことがあるそうで、とっても美味しい珈琲を飲むことができるんですよね。いつもはブラックコーヒーを飲むのですが、たまには気分を変えたいなと思い、少し悩んでからカフェラテを注文してみました。

おひとりさま用のソファに座って、カフェラテを飲んでゆっくり過ごしていた時、ふと理想のご縁を結ぶための秘訣が頭にふってきました。それは

 

ご縁を結びたい人・物を具体的にするのが最初

 

ということです。なぜなら自分自身がどんな人や物とご縁を結びたいのかわからないと、それを現実にするための行動をとることができないからです。

例えばカフェで飲み物を注文する時に、「美味しい珈琲をください。」という人はいませんよね。そう言われても、美味しい珈琲なんて人それぞれですから、店員さんは何を提供していいのかわかりません。そして飲みたい飲み物が具体的に決まらない限り、注文することは永遠にできません。

最初に自分が飲みたいものを具体的にイメージして、それを言語化して「ホットコーヒー」や「カフェラテ」や「アップルジュース」という形で注文する。そしてその価値に見合ったお金を支払うことで、初めて飲みたかった珈琲が手に入るのです。

結婚の縁結びもこれと似ていると思っていまして、最初に自分がどんな男性とご縁を結びたいか言語化することが大切です。単に「いい男性と出会いたい」と思っていても、人によってその定義が違ってくるので、まずは自分なりのいい男性を言語化することがスタートになります。

そして”いい男性”を言語化することができたら、そんな人とご縁を結ぶためには、どうやって出逢えばいいのか、どうやってコミュニケーションすればいいのか考えて行動できるようになります。明確な目標を設定して、それを達成するための試行錯誤を積み重ねることで、理想の男性とのご縁が結べるようになっていくのです。

当たり前のことですが、結婚はひとりでは絶対にすることができません。結婚というイベントをゴールにするのではなく、ご縁を結びたいと思う人がどんな人で、その人とどうやって幸せな関係を一緒に築いていくか考えていくことが大切なのではないでしょうか。

自分の中の理想を言語化にする。それができる人が、自然とご縁に恵まれていくのかもしれないと思いながら、カフェラテを楽しむひとときでした。