マインド

「理想の自分になる」と決めてから、意識しているひとつのこと。

こんにちは、幸せな自由妻の蒼井礼子(@Reiko_Wife)です。

毎日暑い日が続いていますが、皆様お元気でしょうか?どうか熱中症にご注意ください…。

週末は3連休でしたが、あまりにも暑かったので1歳11ヶ月の息子と公園に行くのは早朝の時間帯だけ。昼間の時間帯は、屋内施設に出かけるようにして過ごしました。

子どもを外で思いっきり走らせることも大切ですが、それ以上にパパ・ママが無理をしないことが重要だと思います。(何より子どもの健康を守るためでもあります。)

 

なぜなら私達が注げるエネルギーは有限だからです。

 

私は最近、何かを選択する時に

 

「この選択は未来の自分に近づくためのものか?」

 

ということを強く意識するようにしています。

 

子育てをしながら働くママにとって、どんなことにエネルギーを注ぐのか配分を考えて、
試行錯誤していくことが大切だと思っています。

 

例えば私の場合、週末は保育園の納涼会の予定がありましたが、今回はお休みさせていただきました。

最初は息子にお祭りの法被を着せて、お神輿を引っ張る姿を写真に収めるのもいいなと思っていました。しかし同日に仕事の予定が入っており、「理想の自分になる」と決めた私にとって、仕事を優先させる選択に迷いはありませんでした。

 

また3連休のうち2日間は夫が趣味の囲碁合宿に出かけるため、千葉に住んでいる母に栃木まで来ていただいて、仕事をする時間を確保しました。

育児中のママにとって、家事・育児・仕事の全てのことを頑張り続けることは不可能だと思います。だからこそ、「何をするか」を決めること以上に、「何をしないか」を決めることが大切です。

 

私の場合は、この3連休で

・無理をして暑い日に屋外に行かない
・無理をして保育園の納涼会に参加しない
・無理をしてワンオペ育児をしない

ということを決めました。

 

そのための環境整備として、

・子どもが屋内で遊べる施設を日頃から調べておく
・実家の母に助けを呼んで、育児を手伝っていただく

・保育園の先生方とは普段からコミュニケーションを密にとる

といったことを行動に移しました。

 

ひとつひとつの行動を自分の意志で決める時に、他人の目を気にしないようにすることは大切だと思います。

例えば


・保育園で納涼祭があるから、参加しないと先生方やママ友に嫌われるんじゃないか


・週末に子どもをどこかに連れて行かないと、親として問題があるのではないか


・遠方に住んでいる親に育児を手伝ってもらうなんて、申し訳ないのではないか

といった、他人の目を気にしないことです。なぜなら無意識に周りの目を気にする選択をし続ける限り、自分自身を変えることはできないからです。

 

もしあなたが「変わりたい」と思っているならば、まずは今までの自分の習慣を見直すこと。そして周りの目を気にせずに、理想の自分になるための選択をし続けることが大切です。

自分を変えることは決して楽しいものではなく、日々不安な気持ちに負けない自分でいる強さが必要になります。人間の脳は基本的に変化を嫌うため、中途半端なエネルギーでは挫折してしまうからです。

 

だからこそ日頃からどんな生き方をしたいのか考える。自分の体調や環境を整え続けることが、自分を変えるために大切だなと感じた3連休でした。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから