マインド

感情は他人に移る。姉の結婚から感じた、幸せの連鎖。

こんにちは、幸せな自由妻の蒼井礼子(あおい れいこ)です。

今日から3月ですね。外を散歩していると風があたたかく、春の陽気が感じられます。

この時期になると、姉の結婚式のことを思い出します。私には2歳年上の姉と、2歳年下の妹がいます。姉は一年前に東京で結婚式を挙げましたが、今日のように晴れた日であたたかい風が吹いていたのを覚えています。

妹の私が言うのもなんですが、姉はものすごい美人です(ちなみに私には似ていません笑)。学生時代からものすごいモテていた姉ですが、過去には結婚に対してネガティブな感情を抱いていました。

そんな姉があることをきっかけに結婚に対して前向きになり、1年も経たないうちに素敵な男性からプロポーズされました。ここでは姉の結婚から感じた、幸せの連鎖についてご紹介します。

私が結婚して、結婚に前向きになれた姉。

過去の姉もそうでしたが、私自身も結婚に対してネガティブな感情を抱いていました。私の父は典型的な「趣味=仕事」の人で、3人の娘の育児にほとんど関わらずに、朝から深夜まで仕事をしている人でした。65歳を過ぎた現在も、現役の会社員としてバリバリ働いています。

責任の重い役職に就いていた父は、充実した毎日を送るものの子供から見ても常にストレスを抱えていました。父はもともと身体が強い方ではなかったため、ストレスが原因で数回入院したこともあります。また3人の子供を育てながら父を支える母も、お世辞にも幸せとは言える様子ではありませんでした。

両親の仲はとてもよかったですが、どこか自己犠牲をしながら生きているように感じていました。そんな両親の姿を見ていたせいか、私は結婚に対してポジティブな印象を持つことができませんでした。恐らく姉と妹も同じ気持ちだったと思います。

 

そんな気持ちを抱きながら社会人になり、私は恋愛をしないために仕事に打ち込むような生活を送っていました。しかし仕事で成果を出しても虚しさを感じるだけで、ある上司と一緒に働くことで「パートナーシップが良好でないと幸せにはなれない」ことに気付きました。

夫婦関係が良好でなければ、幸せに生きることはできないと感じた話。こんにちは、蒼井礼子です。 私は2012年に大学院を修了し、新卒で製薬業界の東証一部証上場企業に入社して 約2年半働いた経験があ...

どうしたら私は幸せになれるか考えた時、仲の良い両親の姿が思い浮かびました。そして仕事だけに生きていない、一生続けられるような趣味を持っている男性と、あたたかい家庭を築きたいと思うようになりました。

 

理想の男性と出会うために婚活を始めたところ、私が描いていたのとほぼ同じ男性と出会い、交際1ヶ月で結婚することができました。独身の時に感じていた何とも言えない孤独感が、結婚によって完全に無くなりました。その時から、私は「幸せ」の感情を持ち続けることができています。

姉はそんな私の様子を身近で見ていました。するとしばらくして姉も婚活を始めて、1年もしない内に素敵な男性と出会い、あっという間にプロポーズされました。

私は姉の結婚が決まった時に「どうして婚活しようと思ったの?」と聞きました。すると姉は「○○(私の名前)が結婚して凄く幸せそうだったから、結婚っていいものなんだなって思えたのよ。」を答えてくれました。

私の「幸せ」の感情が、姉にも移っていたのです。

感情は他人に移る。

自分の感情は身近な人に移るということは、科学的に証明されています。

私たちの脳内には『ミラーニューロン』というものがあります。ミラーニューロンは他人の行動・意図・感情を読み取って、それが自分が経験しているかのように反応しています。

笑顔の人と一緒にいると、自分も無意識に笑顔になる。逆に泣いている人と一緒にいると自分も悲しくなるもは、ミラーニューロンの働きによるものです。脳が反応して、相手の感情を自分も同じように感じさせているのです。

私が現在の夫と結婚したことで湧き出た「幸せ」の感情が、当時の姉にも移りました。「結婚は幸せなものだ」と思える感情が、姉にとっての理想の男性を探すための行動を後押しして、引き寄せたのです。

自分が幸せになることで、身近な人も幸せになる。

感情はよくも悪くも、身近な人に移ります。自分が喜びや感謝の感情を持つことができれば、パートナーや子供も同じようによい感情を持つことができます。逆に自分が怖れや苦悩といった感情を持つと、パートナーや子供にも悪い感情が移ってしまいます。

家族や身近な人を幸せにしたいと思って、「自分さえ我慢すれば」と自己犠牲をしている人は多いかもしれません。しかし誰かを幸せにしたいのであれば、まず自分を幸せにするのが先です。

自分を幸せにしてよい感情を持ち続けることで、身近な人も幸せになります。自己犠牲は今すぐ捨てて、まずは自分を幸せにするための行動をしてみてはいかがでしょうか。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから