婚活

周波数で人間関係が決まる?自分自身をいい状態にすることが大事。

こんにちは。愛と富のご縁を結ぶお手伝いをする
縁結びナビゲーターの蒼井礼子です。 

 

昨晩はビジネスについて学ばせていただいている
オンラインコミュニティの勉強会でした。

 

その時に話題に挙がったことのひとつが、

 

自分と同じ周波数の人と、ご縁は引き寄せられる 

 

ということ。

 

生年月日を入力するある占いサイトで
コミュニティメンバーのタイプを調べたところ、
全員が主催者とほぼ同じだったことが
判明したんですね。

 

確率的にはかなり凄いことだと思いましたが、
周波数と人間関係構築の法則から考えると
理にかなっているなと思いました。

 

”周波数”と言うとスピリチュアル的な話だと感じて
迷信だと考える人もいらっしゃるかもしれません。

 

私自身も100%信じている訳ではありませんが、
周波数を「感情」という言葉に変えてみれば
理解しやすいかなと思っています。

 

私は恋愛結婚といったパートナーシップこそ、
感情や気持ちといった目に見えないもの(周波数)の
影響を大きく受けると考えています。

 

例えばパートナーが怒っている時に同じ部屋にいると、
何となく自分自身もイライラしてしまいがちです。

 

逆にパートナーが幸せそうな気持ちでいると、
自分自身も幸せを感じることができます。

 

これは「ミラーニューロン」という神経細胞が働いて、
相手の言動や感情を自分の脳で再現された結果だと
脳科学の分野で明らかになっています。

 

こんな風に目に見ることはできませんが、
人は相手が発している感情(周波数)に
大きく影響されているのです。

 

また恋人や結婚のご縁を結ぶ際も、
その時の自分の感情(周波数)に合う人と
繋がりやすくなります。

 

いつもネガティブな感情を持っている人は、
ネガティブな人を引き寄せます。

 

逆にいつもポジティブな感情を持っている人は、
ポジティブな人を引き寄せるます。

 

結婚することがゴールになってしまい、
焦ってご縁を求めている人には
同じように焦っている人とを引き寄せます。

 

類は友を呼ぶ」という言葉は、
正にこのことです。

 

私自身も結婚相手を探している時に、
「あたたかい家庭を築きたい」という気持ちを
強く持ちながらご縁を探していました。

 

すると直ぐに同じような気持ちを持っていた
現在の主人と出会うことができました。

 

同じ感情を持っている者同士が惹かれ合い、
引き寄せられたご縁だと思っています。

 

だから良縁を結びたいと思っている人は、
まずは自分の周波数を高めて
いつも幸せな気持ちでいることが
最も重要なのではないでしょうか。

 

相手に幸せにしてもらうのではなく、
自分で自分を幸せにすること。

 

それが自分の周波数と合うご縁を結ぶための、
最短最速の道になりますので。

 

相手をどうこうするという、
外側ばかりフォーカスするのではなく

 

自分の状態を常によい状態にして
いい周波数を発することができていれば、
違和感のあるご縁を引き寄せることはなく
自然と良縁に恵まれるのだと思います。

 

繋がるご縁は、全て自分次第。

 

良いご縁を繋げていくためにも、
いい周波数を発していきたいですね!

 

皆さまが心地よい素敵なご縁を結んでいき、
輝かしい人生を歩めますように。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから