婚活

【縁結び】ご縁に恵まれる秘訣は、〇〇を活かすこと。   

こんにちは。愛と富のご縁を結ぶお手伝いをする
縁結びナビゲーターの蒼井礼子です。

 

週末に表参道の隠れ家フレンチで、
オンラインコミュニティの交流会がありました。

 

色鮮やかな料理とワインを堪能しながら、
話題に挙がったのは男性と女性について。

 

女性が男性と接する時に、
どのようなことを意識したらいいかで
話が盛り上がりました。

 

「男は火星人、女は金星人」

 

という例えがあるくらい、
男性と女性は理解し合えない生き物です。

 

だからこそお互いに興味を持って、
惹かれあうのかもしれません。

 

私は人生のパートナー探しをしている時、
自分自身のあるものを活用していました。

 

それは誰しもが持っているものですが、
目に見えるものではないので
多くの人が見逃しているかもしれません。

 

 

ご縁に恵まれるエネルギー美人になる秘訣は、
直感」を活用することです。

 

直感とは、脳で論理的な思考を介さないまま
無意識に意思決定をすることです

 

言い換えるれば「感覚で決める」ということ。

 

大事な判断を直感に任せるのは怖いかもしれませんが、
直感とは過去の経験や学んできたデータベースを元に
脳が無意識に判断した結果現れるものです。

 

そこに根拠や証拠がないだけで、
自分の脳が目の前の現象に対して
何らかのサインを送ったものが直感なんですね。

 

直感で「なんとなく」最初に感じたことが、
結局正しかったという経験をしたことは
誰しもあると思います。

 

これは私の感覚ですが、
直感の8〜9割は当たります

 

例えば結婚のご縁を探している時に、
お見いパーティーで目の前に座った男性との相性は
第一印象(直感)の通りでした。

 

どんなに高学歴・高収入・高身長だとしても、
なんとなく嫌な感じがするお見合い相手の方とは
交際に至りませんでした。

 

逆に現在の主人と出会ってデートを重ねるうちに、
「私はこの人と結婚する」と
なんとなく感じるようになりました。

 

ここに合理的・論理的な思考はありません。

 

最初に”なんとなく”という直感があって、
その後に”優しいから”とは”頭がいいから”といった
論理的な理由が付けられるのです。

 

そんなことは頭では分かっていても、
根拠や証拠がない直感に頼ることに
不安を感じる人がいるかもしれません。

 

しかし生物学的な理由からも、
自分の直感に対して自信を持つことは
合理的だと言えます。

 

人間の脳の大部分を占めているのは、
理性ではなく本能(直感)を司る部分です。

 

一方で合理的で分析的な思考を司る部分は、
脳の表面を覆っている程度です。

 

どんなに高度な頭脳を持っている人間でも、
むしろ論理的思考に優れているからこそ
直感を活かすことが大切なのです。

 

いきなりご縁結びに直感を活用するのが難しい人は、
まずは日常の目の前の選択を直感で決めて
感覚を磨いていくのがオススメです。

 

例えば今日の食事は何を食べるのか、
カフェで何を注文するのかを
直感で決める感じです。

 

そうやって一つ一つの選択を直感で決めると、
徐々に感覚が研ぎ澄まされていきますので。

 

理性と感性。

 

自分のなかの相反する2つのものを融合させて、
人生の選択を楽しんでいきたいと思います。

 

皆さまが心地よい素敵なご縁を結んでいき、
輝かしい人生を歩めますように。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから