夫婦関係

夫が自分以外の女性を褒めても、嫉妬心を抱かない3つの理由。

こんにちは、幸せな自由妻の蒼井礼子(あおい れいこ)です。

先日の福岡旅行では久しぶりに夫婦デートを楽しめたのですが、この時夫との会話である女性のことが話題になりました。

それはデートのお店を予約してくれた、ホテルのコンシェルジュの女性です。20代後半くらいの女性だったのですが、大人な雰囲気でとても綺麗な方でした。

正直、女性の私から見てもとても綺麗な方でした。夫も同じように感じたらしく、博多料理を食べながら「すごい美人だったね。」と話していました。私も素直に「本当にすごい綺麗だったね。私が男性だったら、妻になって欲しいと思っちゃうかも(^^)」と返答しました。

この時、夫が他の女性を褒めても、嫉妬心を抱かない自分がいることに気付きました。ここでは夫婦デートで夫が自分以外の女性を褒めても、嫉妬心を抱かない理由をまとめてみました。

夫の女友達に嫉妬心を抱いていた過去の私。

少し前の私は、夫の趣味の囲碁で繋がっている女性に少し嫉妬心を抱いていました。

パートナーに対する『嫉妬』との向き合い方。相手を束縛せず、自分を高める。こんにちは、幸せな自由妻の蒼井礼子(あおい れいこ)です。 突然ですが結婚や恋愛のパートナーがいる人で、自分以外の同性に対して嫉妬...

しかし福岡で夫婦デートしている時に、夫が他の女性を褒めても嫉妬しない自分がいることに気付きました。ちなみに夫の言動に変化はなく、相変わらず囲碁の集まりで色々な人に会ってますし、綺麗な女性を見かけたら「あの人、綺麗だったよね。」と話します(笑)。

変化していたのは、私の内面でした。現在も夫は大好きですが、私自身の考え方が変わったので嫉妬しなくなっていたのです。

夫が自分以外の女性を褒めても、嫉妬心を抱かない3つの理由。

私が夫が自分以外の女性を褒めても、嫉妬心を抱かない理由は3つあります。

1. 女性の美しさは比べるものではないから。

私は「女性の美しさは比べるものではない」という考えがあります。例えて言うなら女性の魅力は花のようなもので、薔薇のように麗しい女性がいれば、ひまわりのように明るい女性もいます。どちらにも異なる魅力があって、比べるものではありません。

話題に挙がったコンシェルジュの女性も同様で、私と比べてどうこうという話ではなく、純粋にその人自身が綺麗でした。夫も同じような気持ちで話していたように感じたので、楽しくその女性のことを話せました。

2. 綺麗な女性から学べることがあるから。

女性の美しさは比べるものではありませんが、自分自身が綺麗になるために学ぶことはあると思っています。コンシェルジュの女性は外見もさることながら、動作のひとつひとつが洗練されていて「さすが5つ星ホテルのスタッフさんだな。」と感動してしまうレベルで美しかったです。

綺麗な女性をみて自分には無い魅力があると分かったら、嫉妬心や劣等感を感じるのではなく、その人から学ぶことが大切なのだと思います。自分の女性としての価値を高めるために、「相手から吸収できることはないか」という視点で人を見るようになりました。

3. 「浮気しちゃダメ」と言うほど、浮気したくなるから。

『北風と太陽』の話があるように、相手に対して「○○しちゃ駄目」と言うほど、相手はそれをしたくなることが心理学的に明らかになっています。

「私以外の女性と浮気しちゃだめ」なんて夫に言うと、浮気したい気持ちが強くなってしまうのです。結婚した仲だとしても、相手を束縛することは逆効果になってしまう可能性を高めてしまうのです。

ちなみに私は夫に普段から「浮気したかったらしてもいいよ」と話しています。ただし条件があって「浮気するなら、私に120%バレないようにしてね。」と言っています(以前より20%増量してます笑)。私が浮気を知らない限り、家庭円満は保たれるからです。

結婚しても、女としての魅力を磨き続ける。

例え結婚したとしても、パートナーは他人であることに変わりありません。結婚してから無条件で夫婦円満を維持できるのは、恋愛ホルモンが放出されている2~3年が限界です。

その後はお互いの努力で、良好なパートナーシップを築き上げていく必要があると思います。妻の私ができることは、結婚しても女としての魅力を磨き続けることです。

私は目標を持つようになってから、自分以外の女性に嫉妬することはなくなりました。もっと自分を磨きたいと思っているので、色々な人と会った時には「この人から吸収できることはないかな」考えています。

そんな向上心を持つようになったらから、心の中の嫉妬心がいつの間にか消えていたのかもしれません。これからも夫がいることに甘えず、女性としての価値を高めていきたいと思います。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから