蒼井礼子のストーリー

栃木から東京へ引っ越しました。

お久しぶりです。蒼井礼子です。

複数の方から個別で「礼子さん、生きてますか?大丈夫ですか?」
とメッセージいただいておりました。

ありがとうございます、生きてます(笑)!!

そして報告になりますが、
8月末に栃木から東京へ引っ越しました。
東京出身の私は引っ越したというよりは、
帰ってきた感覚です^_^
ただいま東京。

栃木から東京へ引っ越した理由

私たち家族が住んでいた栃木県の街の最寄り駅は
新幹線が停まるので、

栃木に住み続けて夫が東京へ通勤することも
当初は選択肢にありました。

都市部でコロナウイルスが流行しているという
情報が流れていることからも、

栃木に留まった方が「正解」だと思う人が
多いかもしれません。

(実際に引っ越しの報告をした方ほぼ全員から
「コロナにお気をつけて…」を言われました(苦笑)。)

ただ、我が家の場合は以下の理由から、
東京に引っ越すのがベストという結論に至りました。

 

  • 札幌出身の夫は研究職という職業柄、田舎暮しが長かったため一度は東京に住んでみたかったこと。(※研究施設はある程度の土地が必要になるため、研究職の人は地方に住むケースが多いです。)
  • 4歳になる息子に囲碁を習わせたいと私たち夫婦は考えていて、そのための環境は東京がベストだということ。

 

まあ、こちらは正直表面的な理由でして
何より私自身のために東京へ引っ越したいと感じたのです。

かみさまからのおくりもの。

私は今回の異動「東京へ引っ越して環境を変えなさい」という
かみさまからのおくりもののように感じたのです。

というのも、私は2019年9月から
日本を代表する大企業(TOPIX Large70の構成銘柄の一つ)
の関連IT企業に派遣社員として勤めていました。

数年前に結婚を機に残業が少ない企業へ転職したにも関わらず
最も忙しい部署に配属になり

平日は終電帰り・土日は在宅勤務(サービス残業)となり、
半年後に体調不良で逃げるように退職したという

苦い経験があったため、仕事内容ややりがいとか
「誰のために働きたい」などは一切無視して

  • 基本的に定時退社
  • サービス残業なし
  • 比較的穏やかな人が多い(大企業)
  • 自宅から15分以内
  • 月収20万円以上

 

という仕事を求めて就職活動をしました。

幸いなことに直ぐにご縁が繋がり、
私が出していた的は全て現実となりました。

大学・大学院時代の奨学金も完済できて
ある程度まとまった貯金もできて

心の重荷が無くなり一安心できたことから、
労働収入の尊さを感じました。

またやりがいは求めていなかったものの
仕事の必要性(WHY)については業界や企業体制から理解していましたし、

現場の方々から感謝やお礼の言葉を頂くと
純粋に嬉しいと感じていました。

また残業しないなりに解決するタスク数が他の社員より多かったので、
それなりに評価されていることも自信になっていました。

…しかし入社して3ヶ月過ぎた頃には、

あ、ここに居続けるのは何となく不味い気がする…

と感じる私がいました。

そこで入社して間もないのに仕事の合間にいつ辞めてもいいよう、
引き継ぎ資料を作成しました。

(その資料のおかげで、突然の退職となっても
スムーズに引き継ぎができました(笑))

また、この1年で私に職場を辞めさせたいのかと感じるくらい
辛い出来事がいくつもおきました。

それでも「前の職場は半年で辞めだんだから、逃げちゃだめ」と
歯を食いしばって働き続けたところ、入社半年後には

なんのために生きているか分からない

という状態になりました。

仕事にやりがいを求めていなかったのに、
我ながら何て愚かな自作自演なんでしょうね(笑)

 

そんな日々を送っていた数ヶ月に、夫の突然の辞令。

これはもう何か見えない力の導きだと感じて
東京へ引っ越すことを決めました。

環境を変え、自分を変えたい。

今回は運よく環境を変えるきっかけが生まれ
栃木から東京へ引っ越すことができました。

こんなことを書いている私ですが、
今でも栃木は大好きです。

自然が豊かで、人が穏やかで、子育てもしやすくて
少ないお金でも心豊かに暮らすことができてお友達もできて
本当に感謝しています。

そして身を置く環境を変えるられたのは幸運でしたが、
自分が変わらないと意味がないんですよね。

東京で新たな自分と出会えたら嬉しいです。

改めまして、これからもよろしくお願いします!

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから