マインド

存在給の世界とは、「働く」と「幸せ」が融合する生き方・働き方。

こんにちは、縁結びナビゲーターの蒼井礼子です。

昨日は約1年半お世話になっているコミュニティの
勉強会にゲスト登壇させていただきました。

 

勉強会のテーマは、

「存在給への扉を開くとき〜自力だけに頼る時給の世界から他力に応援される存在給の世界へ」

です

 

「存在給」


という言葉を目にして、
どういう意味か分からない人が
多いかもしれません。


私にとっての存在給とは、

自分と相手と社会を調和させる
「和多志」の仕事を創造し、

理想のライフスタイルを送りながら
遊びと仕事を融合させ、

自分が必要とするだけのお金に
恵まれる状態にある
働き方のことです


「存在給」の反対側にあるのは、
「時給」の世界。


自分自身の命(時間)を
労働のために差し出して、


その対価としてお金をいただく
働き方のことです。

「存在給の働き方なんて、
 実現できるわけがない 。」


「一部の特別な人だけが
 そんな働き方ができるんだ」


「仕事とは嫌なことでも、
 我慢しながら働くものだ。」


と思うかもしれませんし、
過去の私もそう思っていました。


しかし実際に存在給の世界で
生きている方に
約半年間その世界で生きるための
仕組みづくりを教えていただき、

 

私自身も存在給の世界に
足を踏み入れることができました。

 

現在、自然豊かな栃木県で
研究職の夫と2歳の息子と
穏やかな生活を送りながら、


結婚や志事(しごと)のご縁を結ぶ
お手伝いをしています。


なぜ縁結びのお手伝いをしているかというと、
「結婚」や「志事」という形で

自分自身が望む人生を
築いていって欲しいと
思っているからです。

大学院で生命科学の研究をした私が、
恋愛相談や情報発信のサポートをお仕事にするとは
全く想像していませんでした。


しかし大学院や会社組織に身を置いているときに、
私はあるひとつのことについて
確信していました。

それは人生の幸福度は
「ご縁(人間関係)」で決まる
ということ。

家庭で良好なパートナーシップを築き、
自分らしい働き方をすることが

豊かな生活をおくるために
必要不可欠だと感じたのです。

 

好きな時間に
好きな場所で
好きなことを
好きな人と


時給の世界で生きていた私にとって、
そんな働き方が現実にあるなんて
夢にも思っていませんでした。

しかし存在給の世界で生きている人にとって、
これらは当たり前のことであり
現実にされているものでした。

そして存在給の世界で生きるための働き方は、
自分自身で創造できることを
教えていただきました。


そんな私でも、
存在給の世界に進むのに
5年以上かかりました。


2012年に私は東大院を卒業し、
新卒年収が約500万円の
製薬関連企業に入社しました。


同世代の倍以上のお給料を稼げる
一般的には「勝ち組」と言われる
仕事をすることができても、


私の心は満たされるどころか
月日とともに枯れていきました。


朝から終電まで働き続け、
帰宅したときには
すでに日が変わっているのが
当たり前。


身体や精神を壊してしまい、
退職を余儀なくされる社員も
珍しくない環境だったからです。


生命の危機を感じた私は、
結婚を機に

業界でも有名なホワイト企業に
転職しました。


「やっと人間らしい生き方ができる! 」


と喜んでいたのもつかの間。


たまたま配属した部署が
社内一激務だったため、


私のライフスタイルは
改善するどころか
更に悪化していきました。


平日は朝5時に起床し、
家事や身支度をして

栃木から東京まで
新幹線で通勤。


自宅に帰るのは早くて22時半、
深夜1時を超えることも
珍しくありませんでした。

 

上司や転職エージェントに相談するも、

「運が悪いとしか言いようがない」

「優秀な人材だからこのプロジェクトに配属できたんだよ」


「絶対成長できるから、 一緒に時期を乗り超えよう」


と言われるだけ。


家族に相談しても、


「せっかく転職できたんだから1年は続けなきゃ。」


「絶対に定時帰宅できるなんて契約してないでしょ?」


「仕事なんて我慢するのが当たり前なんだから。」


と言われるだけ。


もう私はハードワークする運命にあるのだと、
半ば諦めた状態になり
心を無にしながら働きました。


しかしそんな生活が長続きすることはなく、
約半年後に身体と心が壊れかけてしまい
逃げるように会社を退職しました。


「人間らしい生き方をしたい」

という想いは、
強制に会社を退職することで
現実になりました。

しかしその生活に喜びはなく、
夫が会社に出かけたあとで
ひとりで泣いてばかりいました。

リビングから綺麗な青空を眺めては、
私は会社や社会を恨んでいました。

こんなことになったのは、
世の中が間違っているから。


20年以上かけて高度な教育を受けた私が、
たった数年でボロ雑巾のように
使い捨てられていいわけがない。


宇宙から隕石が降りて、
私が勤めていた会社に
ピンポイントで落ちて欲しいとすら
思っていました。


しかし今の私が
当時の自分に言えることは、


そんな生き方・働き方を
決めたのは自分の意志であり、


120%自分が望む現実が
目の前に現れただけなのだと
いうことです。


このことに気付き、
自分の腑に落とせるようになったのは
本当につい最近のことです。


頭では分かっていても、
過去の自分の不幸は自分が原因だと
認めたくなかったのです。

しかし目の前の現実は
すべて自分が見たいものだと仮定した時、


どうして過去の私が思い通りの
ライフスタイルが過ごせなかったのか
理解できました。


それは自分自身の人生の操縦桿を、
他人に預けっぱなしに
していたからです。


東大に入れば就職活動には困らない
大企業に入れば一生安泰
ホワイト企業に入れば人間らしい生き方ができる


他人に自分の人生を預けて、
自分の理想の生き方を創ることを
放棄していたのです。


それを教えてくださったのは、
お金モテスタイルの福岡ともたけさんです。


ともたけさんは自分らしい生き方を追求していきたい
と願う個人を応援される働き方をされています。


『お金は稼ぐものではなくモテるもの』


という理念をお伝えする活動をされており、
自然とお金に恵まれるためのあり方・やり方を
教えていただいております。


昨日のセミナーでは、
私がともたけさんから教えていただいた

お金モテになるための仕組みづくりについて
お話させていただきました。


私がお話したテーマは

「存在給の世界へのステップ~仕組み編~
 仕事を遊びにするために活用すべき2つのもの」

です。


縁結びとは、
「抽象」を「具体」に
落とし込んでいくこと。


自分にとっての理想や願いを、
現実にすることです。


そのために
どんな仕組みづくりをする必要があるのか、
どんなことを活用すべきなのか
お話させていただきました。


このセミナーはともたけさんが主催されている
コミュニティメンバーの方限定に
お話させていただきましたが、

今後はともたけさんのメルマガ読者の方にも
配信される可能性があります。

 

  • 「働く」と「幸せ」が融合している
    存在給の世界の生き方・働き方に
    シフトしていきたい方。
  • 自分らしいスタイルで
    お金に恵まれる状態になりたい方。
  • 今の働き方を定年まで続けることに
    違和感を抱いている方。

 

上記のひとつでも当てはまる方は、
ともたけさんの無料メルマガに
ご登録いただければと思います。

 

▽【無料メルマガ】お金モテの法則
https://form.os7.biz/f/66d9ecbc/


※「ご紹介者のお名前」という欄に
あおいれいこ」と入力いただきますよう
お願いいたします。

 

いよいよあと数日で平成が終わり、
令和の時代が到来します。

新しい時代を軽やかに、
そして豊かに生きていくために
私はこれからも存在給の世界へ
進んでいきたいと思っています。

一緒に存在給の世界へ進む仲間と出会えるのを、
楽しみにしています。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから