子育て

プロセスと結果、どっちが大事?保育園の運動会から感じたこと。

こんにちは、蒼井礼子です。

自分らしい働き方を考えるときに、プロセスと結果のどちらを大事にするかは永遠の課題かもしれません。情報発信においても、アクセス数や利益といった結果と、そこに至るまでの発信内容などのプロセスは切っても切れない関係にあります。

私個人はプロセスも結果も、どっちも大事だと思います。ただし結果はコントロールすることができないので、意識を集中させるのはプロセスのみだと考えています。そしてプロセスに今の自分が注げるだけのエネルギーを注ぐことができれば、結果が出るのは時間の問題だと思っています。

先週末は息子の保育園で運動会がありました。私は息子と親子競争するなら、一等賞になりたいと思っていました(これは結果です)。そして一等賞になるために、親子競争でやることをおたよりを読んで確認して、イメージトレーニングをして、当日はストレッチをして運動会に参加しました(これはプロセスです)。

結果としては私の希望通り、一等賞になることができました。ビデオ撮影をしている主人によると「なんか気合が違ったよね。」と言われてました。褒め言葉として受け取っておきたいと思います(笑)

自分がコントロールできるのって、プロセスだけなんですよね。今回はたまたま一等賞になりましたが、もっと運動神経がいい親子が本気で挑んできたら、一等賞は取れなかったかもしれません。

でも私ができるだけの対策を講じていたので、もし一等賞になれなかったとしても後悔はしなかったと思います。私ができるのは、一等賞になれる期待値を上げるだけ。これなら100%自分でコントロールできますからね。

逆に親子競争で一等賞になりたいと思っているのに事前準備を何もせず、当日一等賞をとれなかったら後悔したと思います。「ああ、事前にコース確認しておけばよかった。ちゃんとストレッチしておけばよかった。」という感じに。

だから結果にもこだわるし、そのためのプロセスも自分ができることは全部やっておく。そうすると仮に結果がどうなっても、結果的に自己成長に繋がって達成感が得られるのだと思います。

自分の理想とする生き方・働き方を想像するのも、これと似ています。自分が伝えられる価値観は、文章や写真、動画といった様々な方法で発信することができます。しかしその結果、どんな人が受け取ってくれるのか、どんな反応が来るのか、暮らしていけるだけのお金になるのかはやってみないと分かりません。

でも理想の結果が出るか分からないから、情報発信をしないという選択肢はとっても勿体ないことです。それは受験に不合格になるのが怖くて勉強しなかったり、相手にフラれるのが怖くて恋愛しないのと同じこと。

いいなと思ったら、とりあえずやってみる。思い通りの結果が得られなかったら、次はどうしたらいいか計画して実行する。そうやって試行錯誤していった先に、理想の未来が創造できるのだと思います。

※写真は保育園の運動会で販売されていた、梅ソーダです(^^)暑い日だったので、親子競争後の身体に染み渡りました。

 無料レッスン配信中!
 

あなたは理想の男性とご縁を結ぶために、自分磨きを頑張っていませんか?相手のために尽くすばかりで、自分を置き去りにしていませんか?

過去の私も気になる男性に好きになってもらうために、相手にとって理想の女性になろうと努力していました。しかし頑張れば頑張るほど男性の心は離れていき、最後は泣いて終わる恋愛ばかり。

「このまま一生独身のままで人生終わるかも…。」と絶望し、布団で泣きながら一晩過ごしたこともありました。

そんな私でしたが、社会人3年目の春に、マッチングアプリで出会った理想の男性と交際1ヶ月で結婚。結婚5年目を迎えた現在もあたたかい夫婦関係を築き、2歳の息子を育てながら穏やかな毎日を過ごしています。

どうして恋愛偏差値が低かった私が、理想の男性とご縁を結ぶことができたのでしょうか。それは縁を結び、愛情が循環する法則を知ることができたからです。

私は理想の男性とご縁を結び、愛情に恵まれるライフスタイルを送る女性のことを「愛されWoman」と名付けました。このメール講座では、私が実際に経験してきた恋愛・結婚体験をもとに、愛されWomanになる方法を無料でお伝えしています。

イベントや恋愛婚活セッションのご案内も、メール講座にてお伝えさせて頂いております。ご興味のある方は、以下のリンクからご確認頂ければと思います。

 

詳細はこちらから